SDGs検定を受ける3つのメリットとは?

SDGs検定

SDGsは、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標のこと。国連が2030年までの間に達成すると掲げた17の目標のことです。日本国内でも認知度が高まっているSDGsですが、その理解度をはかるのが一般社団法人SDGs推進士業協会が開催するSDGs検定です。

 

SDGs検定は、SDGsの普及のために有識者たちによって組織される一般社団法人SDGs推進士業協会が行っている民間の検定。初めて検定が実施されたのは2019年なので、まだ新しい検定資格になります。

新しい検定だから取得するメリットはないと思う人もいるかもしれませんが、SDGs検定取得にはメリットがあります。

↓ SDGs検定合格講座を公開しました ↓

特徴
・50本以上、計6時間以上の動画講義
・合格者とコンサルタントが監修
・勉強コミュニティも用意
・予想問題集も充実

詳しくはこちら

SDGs検定に合格する3つのメリット

SDGs検定取得のメリットは以下の3つです。

・就職・転職に役立つ

・SDGsの知識が身に付く

・検定合格をアピールできる

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

就職・転職に役立つ

SDGsへの取り組みを推進している企業が増えてきているため、SDGsの知識があることを就職や転職の際にアピールできれば、評価されるポイントとなるので、有利になるでしょう。

たとえば、大企業におけるIRやCSR,SDGs推進部などへの就職・転職はしやすいでしょう。また、SDGsの研修やコンサルティングをおこなっている会社にも就職・転職しやすいでしょう。

このように、SDGsを仕事にできる可能性が高くなります。

 

SDGsの知識が身に付く

SDGsの検定を受け際には、SDGs検定合格を目指して勉強をすることになります。今まであいまいだった内容をきちんと把握することができるようになり、ほかの人にもSDGsについて詳細を説明することができるようになるでしょう。

 

検定合格をアピールできる

SDGs検定合格を周囲にアピールすれば、周囲の人は、「SDGsに詳しい人なんだ」と認知できます。経済産業省がSDGs経営を促進しているため、企業の中にもSDGsを導入するところが増えつつあります。社内でSDGsに特化した部署が作られる際には、中心人物として配属される可能性も秘めているでしょう。

 

SDGs検定試験の概要

それでは、SDGs検定を検討している人に概要を簡単に説明します。

 

試験場所 WEB上での検定試験
受験資格 年齢、学歴等など関係なく誰でも受験できます。
受験料 5,500円(税込)
試験内容 SDGsについての知識と、それを理解した上で応用力を問います。
試験時間 90分
出題方式 マークシート形式
合格水準 100点満点中70点

 

 

ここではSDGs検定のメリットについてまとめました。

SDGs検定を取得すれば、SDGsの理解度を深められるほか、就職や転職の際に有利に働くことがあるでしょう。

企業でもSDGs推進を図ろうとしているところが増えつつあるので、SDGs検定の受験を検討してみてはいかがでしょうか。

 

参考:

SDGs検定とは?試験概要やメリット、合格率、難易度、勉強方法など
SDGs検定はまだ新しい検定ですが、人気上昇中の注目の資格検定です。一般社団法人SDGs推進士業協会が運営しています。 昨今の「SDGs」への注目度や企業のESG投資への対応必要性から、盛り上がっている検定です。 ぜひオススメし...
タイトルとURLをコピーしました